化粧水の役割と種類について

化粧水とは、皮膚を保湿してきめを整えながら滑らかにする効果がある、液体状でほぼ無色透明の化粧品です。


これの最大の役割は、洗顔後の肌の水分を保つためです。

これの成分はほぼ水ですが、これに基材となるグリセリンやエタノール、皮膚を柔らかく保つ効果があるエモリエント剤やいろいろな保湿成分が配合されており、これらの成分が肌に成分を浸透しやすくするのです。

化粧水の専門知識を身につけましょう。

また、肌に清涼感を与えて、みずみずしく整える役割ももっています。そして、肌の皮脂の過剰な分泌をおさえて、肌を引き締めたりする役割もあります。このような効果をもつものにはさまざまな種類があります。

この中で、特によく使われているものには3種類あります。



1つ目は一般化粧水です。肌にうるおいを与えて、柔らかで滑らかな肌にしてくれます。

洗顔後に最も使いやすいものとして常に人気があります。2つ目は美白化粧水です。



一般のものと同じように肌にうるおいを与えてくれますが、その他にシミ、そばかすなどの紫外線による肌トラブルを防ぐ効果があります。


美白成分として、アルブチン、ビタミンCなどを配合しているものもあります。これらが配合されていると、紫外線によるシミやそばかすなどの色素沈着を防いでくれます。3つ目は収れん化粧水です。一般のものに比べてアルコールの配合率が高く、皮脂や汗の分泌をおさえてきめを整えてくれます。
このように、化粧水にはさまざまな種類があります。自分が求める効果をはっきりさせて選ぶことが大切です。